金持ちになりたい理由は?見栄?それとも自由のため?

nattanan23 / Pixabay

どうも、ヒロアキです。

前回に続き、お金の話です。

あまりカネカネ言いたくないが、実際かなり必要なツールなので記事にするのもいいかと思ってまた書いてみた。

物が溢れかえったこの現代、金というツールは多くの人を魅了している。いや、昔からか。歴史的にずーっと人を惑わせてきた。

今回はそんな魔性のツール、みんな大好きお金持ちになりたい理由を考えてみよう。

でもなぜそんなことを考えてみるのか?

それは、自問自答することにより自分は何のために金を必要としてるのかがはっきりする。

そうするとなんか普段の金に対する意識がいい方向に向くんじゃないかという気がする。

または自分がどうしたいのかも再確認できる。

理由が何であれ、そこに向かっていくというエネルギーにもなるかもしれない。

 

金持ちになりたい理由をいくつか挙げてそこに自分はこう思うというのを書いていく。

ただし、以下に挙げる理由の中には個人的にくだらないと思うこともあるので否定的なことも書いておく。

 

Advertisements

おいしい物を食べまくりたい

わかる。わかるが、贅沢その1。

確かにおいしい物は食べたい。でも毎日じゃなくていい。普段食べてる物でも充分においしい物もある。

もちろん本当にいい物となると食材そのものがおいしくないとダメだろうが、突き詰めなければ味付け次第でどうとでもなる。

ただ高級食材には希少だから高いだけでたいしておいしくない物もある。

個人的にはアワビがそれ。がっかりした。

 

おしゃれな家具家電で家を埋め尽くしたい

これもまあわかるが、贅沢その2。

機能が大事。見た目は確かに気にするが例えばおしゃれな本棚やタンスでも容量が少ないとあまり価値がない。

デザインのいいテーブルでも小さかったら残念だし、家電でも見た目だけで機能イマイチ消費電力高いとかだとポンコツ。

でもおしゃれな家具はちょっと惹かれる。

 

高級ブランド品で身を飾りたい

わからない。贅沢その3。

興味がない。

服は好みのデザインなら無名でもかまわない。

特にブランド物のバッグなんかは小さくて使い物にならない。

あんなものならリュックサックやランドセルの方が遥かに実用性がある。まあ普段から使わんけど。一応デザイン気にするけどバッグ系なら容量が大事。

 

かっこいい車を乗り回したい

ちょっとはわかるが、贅沢その4。

あまり興味ない。でも好きな車種とかはあるが家を買えるほどの車なら家を買う。

スポーツカーとかはかっこいいと思うが公道では性能が発揮できんから意味がない。

あとシュッとした感じの車はだいたい2シーターか2ドア。嫌い。

実用性ならワゴンか軽トラが最強かと(笑)ワゴンはあまり好きではないが軽トラは1台欲しかったりする。

 

持て余すほどでかい家に住みたい

広い家には住みたいが持て余すなら無駄。

広すぎると掃除や管理が大変になる。

そういえば The Beatles のジョージ・ハリスンがお城を買って住んでいたがあれはやり過ぎだと思った(笑)ジョージのことは好きだけど。

 

まず思いつく贅沢はこのあたりかな。なんていうか贅沢の典型というイメージ。

個人的にはこのへんは経験で知れればいい感じ。

 

見栄をはりたい

いわゆる “ステータス” のため。

上に書いたおいしい物とか、おしゃれ品とか、でか過ぎる家の内容にも通じるところがある。

これだけのための理由ならマジでいらない。

こんなものをはるくらいなら

湿布を貼る方がよっぽど意味がある。

 

働きたくない

Defenitely YES.

全くその通り。

金さえあれば働かなくていいもんね。みんな金のために働いてるもんね。

 

でもこれに関してはやりがいがあれば働いていたい。というかやりたいことが仕事なら文句はない。

今の俺、全然やりがいもない、面白くもない。やだ。

単純に働きたくないと思ってる人はやりがいのところに目を向けてみるといいかもしれない。

しかし給料とのバランスも必要になってくる。世知辛い。

 

生活費を気にし過ぎたくない

余裕を持って生活できると非常に楽になれる。

あれやこれやと金がかかると気が気じゃない。でもそこを気にしなくていいなら本当に楽。

光熱費、水道代、食費。

資源のことを考えると節約はいいことだし、無駄遣いはよくないと思うが気にし過ぎるのもしんどい。

 

とにかく旅行したい

これは贅沢とは思わない。

いろんな所に行っていろんな景色を見たりいろんな経験したりと見識が増えることはいいことだと思うので、できるならたくさん旅行はしたい。

特に海外に行きたいな。

日本国内もいいが個人的には海外の方が大きな違いがあるだろうから。

 

時間が欲しい

働きたくないにつながるが、金があれば働かなくていい=自由時間が増える。

あるいは短い時間で今と同等かそれ以上稼げたらそれでいい。

「時間がないは言い訳」ってことも書いたがやっぱり限界を感じる。

時間あるに越したことないもんね。

↓ が「時間ないは言い訳」の記事。

時間がないからできないは言い訳に過ぎない

 

趣味や好きなことや勉強にお金使いたい

これが1番有意義な使い方だと思う。

これに関して制限してしまうのはものすごくもったいない。できたら制限したくない。

でも趣味や好きなことや勉強の種類によっては凄く金がかかることもある。

バイク好きでも何十万以上もあるだろうし、映画好きならたくさん集めれば凄くお金かかるし、それを自宅で大きなスクリーンで観たいとかになればまた大変。

旅行好きでも金かかる。

勉強も専門学校とかになるとけっこうするよな。

自分のことだと音楽で、楽器代やスタジオ代。自宅に防音室欲しくても100万以上かかることもある。楽器もピンきりだがピアノだと基本高い。グランドピアノもだいたい100万からになってくる。

ギターやベースも決して安くはない。安いのもあるけど。

ちなみにギターの値段に関する記事もある。

ギター選びはなるべく店頭で。

 

終わり

どうだろう?

どれに当てはまっていただろうか。

もっと細かく挙げればまだまだ出てきそうだが、だいたいこんな感じが一般的じゃないだろうか。

いくつかディスったのもあるけれど、別にどれでも当人がよければかまわない。

単純に贅沢したいような項目でもそこが目標ならそれでいいし、金持ちにならなくても普段から自身の思うところを目指してお金の使い方を考えてみるのもいい。

特にこうすればいいということは書けないが、どれが1番自分がやってみたいかの再確認として読んでもらえるといい。

再確認できたら、「じゃあ稼がなきゃ」っていうモチベーションになったら幸いだ。

夢を描けたら希望も出てくるだろう。

では。

 

コメント