ブログの語尾の統一? しゃらくせえ。

Ronile / Pixabay

どうも、ヒロアキです。

今回はたまに気になる、「ブログの語尾はですます調がいいの?丁寧な方がいいの?」

というマジでたまにしか気にしないことを取り上げてみます。

つっても、まだまだ記事も少ないし、更新頻度も少なすぎる俺が言っても説得力ないけど。

 

Advertisements

結論

いきなり結論。

どうでもいい。

「~じゃけえ」でも、「~だべし」でも、「~ぺロ」でも好きにしろ。

と、最近思ったが、実は自分もちょっと前に迷って、「ですます」に修正とかやってました(笑)

始めは「~だ」という感じで書いてたけど、なんかぶっきらぼうに思われるかと思って。

確かに統一されてないと読みづらいという弊害が出そうだが、最近になって違和感を感じ始めたので

もう考えないことにした。

その時の気分や内容によって使い分けようと思う。

唐突に「~だ」から「~です」に変わっても別にいいと思うんでもう気にしないっす。

自分の性格的に、普段は目上の人とか仕事の人とかには敬語で話してるけど、

ブログでまでかしこまるのも飽きたので前に書いてた感じでいいやってなった。

単調になる

これ、自分で書いてて思ったけど、「ですます」でやってると飽きてきますね。

よく言われてる感じですが、「ですます」は飽きてくる、マジで。

使い方によるけど、ずっと同じように区切るとやっぱり飽きてくる。

かといって、「~だ」とかのみで区切っても飽きてきます。

で、思ったのがここで書いてるような複合してる感じでいい。

これで少しは色がつく。

 

体言止めもたまに使う

体言とは名詞のことで、体言止めとは名詞で文末を締めくくる手法。

この、↑の分も体言止めになってますね。

俳句とか詩ではよく見かける手法です。

ただこれもずっと同じだとワンパターンで飽きるんで要所要所に入れればそれで問題ないかと思う。

簡単な例を出すと、

・これは母からのプレゼントです。

・これは母からのプレゼント。

という2つを比較すると、後者の方がなんとなく意味深というか言葉の強さというか、

劇とか詩みたいな印象になる。

 

まあ深く考えず、使いたい時に使えば良い。

 

自分が会話してる時をイメージする

まるっきり会話してるのを文にしてもいいし、ちょっと丁寧に書いてみるでもいいと思う。

俺の場合、目上の人に使う敬語と友人などに使うタメ語を交互に使うような場面もあるから

それをイメージしてます。

会社なんかだと上司と同期と同じタイミングで行動することもあるから、そういう場面の会話を

イメージすればなんとなくわかってもらえると思う。

 

普段の自分はどちらかというと口が悪いので、

「ですます」メインで書いてることが気持ち悪くなってきた。

ただそれだけだ。

 

内容で使い分ければいい

説明するような内容なら「ですます」の方がいい気がする。

なんとなくレッスン感が出るから(笑)

でもこれも人によるんで言い切りはしない。

ほんとにその時の気分や内容次第で変えればいいと、個人的に思ってます。

 

自由でいい

これしかねえ。

好きにやれ。

 

まとめ

自由に書いたらいい。

あるいは、「ですます」による単調さが出てきたら、ほんの少しでいいから変えればいいと思います。

「~だ」とかで言い切るのがメインの場合でも。

よく言われてるみたいですけど、語尾の統一だったり、「ですます」のほうがいいだったり、

「~だ」と言い切りがいいだったり。

このあたりも確かに「型」はあるけど、みんな同じだとクソつまらないんで。

 

男の髪型で言えば、右向きゃあ短髪、左向きゃあ短髪、振り返れば短髪。

集合したら全員短髪。なんにも楽しくねえみたいな。

ちなみに俺はロン毛です。

最近ちょっと切ってしまったがまだロン毛です。

 

とにかく気にし過ぎても仕方ないんで自由に書きましょう。

「ですます」で書くなとかいう意見もあるんで参考にしてもいいです。

 

 

コメント