会話の中で巻き込み卑下するやつとは付き合わない

KeithJJ / Pixabay

今回は人付き合いについての話です。

いろんな人が世の中いますが、人付き合いが増えると中にはあまり

良い印象ではない人も現れます。

そんな中、会話中に自分を卑下する人、たまにいますよね?

「自分なんて」という風に、自分を過小評価する人。

でも、ただ自分のことだけを卑下すならまだしも、こっちまで巻き込んだ表現をする人、

要注意です。

巻き込み卑下と名づけます。

 

巻き込み卑下とは?

言い方は自分で作ったんですけど、要は

「俺たちみたいなもんは」とかいう感じで、こっちも卑下対象に含む奴です。

たまったもんじゃないですね。

気にしなければいいんですが、あまり気分のいいもんではない。

2人以上とかある程度の人数のグループ内に巻き込み卑下する人が1人でもいると

はっきり言ってしんどいです。

 

卑下する人の特徴

まずは自分を卑下する人の特徴から。

自分を卑下する人は単純に自分に自信がないからそんな発言をします。

または自分を低くしておいて、「そんなことない」と励まして欲しい人。

そういってもらうと気持ちはいいもんですからね。

一時的な励みには確かに効果的だと思います。

または単純にかまって欲しい人も当てはまります。

自信がないときには寂しさみたいな感情もあると思います。

そんなときに、励ましの言葉と一緒にかまってもらえるわけですから

一石二鳥なわけですね。

 

あとは失敗を恐れる人も自分を卑下しがちです。

自分を過小評価しておけば、仮に失敗した時に多少なりといいわけができるから。

始めに「自分はできる」と言い切っておいて失敗すると相手からの責めも強くなりますからね。

いわば保険をかけておくという行為にもなります。

 

なぜこっちまで?

自分を卑下する人は自信がないからそうします。

自信がないとやはり心も弱くなりがちです。

そうなると誰かに助けを求めたくなります。

誰しも助けが必要な時はあります。

でも自身がなさ過ぎる人や、心が弱くなり過ぎると、自分と同じレベルの人を求めてしまいます。

そこでつい、「俺たちなんて」と一緒にいる人まで巻き込んで

卑下してしまいます。

そうすることによって弱い自分と同類の人を作って安心しようとするわけです。

あまりにも自信を失いすぎて、心が弱くなりすぎて、病んでる状態といってもいいです。

ここまでになると、もう自分1人卑下するだけでは自分を救いきれないからです。

 

付き合わない方がいい

結論、付き合わないほうがいいです。

自分だけならまだしも、こっちまで貶められるのは不快です。

事実、お互いが同じくらいの能力であっても、

自信はあるAさんと、自身のないBさんがいたとして、

Bさんが「俺たちなんて」とAさんまで

巻き込んで低く見積もられたら、Aさんは当然ムカつきます。

Aさんからしたら、「俺は別に自分をそんなに下に見積もってないのになんで俺まで?」

ってなりますからね。

 

仮にそんなことを言い続けられるとよほど強い人でもない限り

どんどんこっちまで自信なくなってきますから。

ネガティブな言葉を聞き続けると誰でも滅入ってしまいます。

せっかくやる気でてる時でも、最悪その気持ちをへし折られるなんてことにも

なりかねません。

例えば、同じくらいの能力を持った人でも客観的に見て、

自信のあるAさんと、自信のないBさん。

この2人を見比べたらAさんの方が頼れると思いませんか?

そんなAさんまで巻き込んで自信をなくさせるようなことになったら

2人まとめて共倒れになってしまいます。

 

チームなどの瓦解の危険性

まず、チームなどそもそも人数が必要な場合、

ちょっとしたことで誰かが抜けたりとかすると非常に困ることがあります。

ありがちなのが、スポーツのチームやバンドとか、数人でやるようなものの中に

巻き込み卑下するやついるとかなり頭にきます。

例えばスポーツチームで頑張ってるけどなかなか勝てないとか、

バンドでもなかなか人気出ないとか。

よくあることでしょうが、だいたいメンバーもそんな時なかなか結果でないなとか

思ってるわけです。

でもなんとかやってやると意気込んでるはずです。

そんな時に「俺たちみたいな弱小は」とか「俺たちみたいアマチュアは」なんて言われたら正直、

殺意を覚えますね。事実そうであっても。

人数の多いグループなどでは最悪グループそのものが崩れるなんてこともあるので

マジで要注意です。

人数が必要なわけで、先ほど書いたように強い人ばかりではないですから、

巻き込み卑下されて、不安や自信の喪失が伝染するのが1番危険です。

そうやって巻き込まれた人まで自信なくして辞めていくとかになると

負のループになります。

 

ただ友人や親しい間柄なら「不快だからこっちまで下に落とすような言い方はやめろ」

と言えるでしょうから、そう言って直してもらうのもアリです。

あるいはしばらく休憩してもらうとか、回復するまで会わない時間を作ってやるべきです。

でも特に親しくない場合は言いにくいですが、言ったほうがいいので言うべきです。

それかもう付き合わないようにすればいいです。

 

まとめ

付き合わないか距離を置くことをおすすめします。

だいたいの人がそんなに強くはないですから、

余計なこと言われてエネルギーを消費してしまうことあります。

成功してる人とかは割りと余計な人とかと

付き合わないというスタンスを取ってると思います。

みなさんも是非、自分の自信や心をへし折りそうな

余計なことを言ってくる人とは付き合わない、または距離を置いて

しっかり自分の時間も含めて守っていきましょう。

ではまた。

 

 

コメント