ドラゴンボール 「復活のF」はツッコミどころが多い

vinsky2002 / Pixabay

どうも、ヒロアキです。

ドラゴンボール映画「復活のF」、まあまあ面白かったですね。

前作「神と神」は2013年公開でして、17年ぶりの新作ということで

盛り上がってましたね。

演出などは過去の作品でだいたいわかっています。

悟空やべジータが怒りでパワーアップするというのもお決まりの演出。

しかし、いざ新作でお決まりのパターンが出るとなぜか懐かしく感じ思わず涙してしまいました。

「復活のF」わりと面白かったんですが、

今回は「復活のF」についてのツッコミをしてみたいです。

けっこう言いますが、あくまで1ファンとしての愛です。

批判ではありません。

 

Advertisements

「復活のF」とは?

2015年公開のドラゴンボール映画です。

ご存知、「F」とは悪の帝王フリーザです。

ドラゴンボールファンなら知らないなんてありえない、有名人気キャラですね。

かつて原作で悟空にやられ、とどめは地球で青年トランクスにさされますが、

アニメ映画で復活しました。

一度やられた後も過去の映画で脇役で出たりしてましたが、実に20年ぶりの復活となります。

 

ストーリー

フリーザ軍の残党、ソルべ率いる新たな軍とその部下たちにより

フリーザが復活させられます。

ドラゴンボール初期に主に登場していたピラフ一味がまたまたドラゴンボールを集めていたところ、

ソルべ達に見つかりドラゴンボールを横取りされます。

そしてフリーザは復活し、悟空と青年トランクスへの復讐を誓います。

しかし青年トランクスはすでに未来の世界に帰ってますから見つからず、

悟空だけがターゲットになります。

フリーザは生まれて初めてトレーニングを積み、復讐に臨みます。

修行の末、ゴールデンフリーザという新たな形態へと変身し、

とんでもないパワーアップを遂げるという内容でした。

 

ドラゴンボールらしいわかりやすいストーリーですね。

とにかく強いやつと戦って勝つという感じです。

フリーザという懐かしいキャラの復活ということで期待もありましたし、

けっこう良かったです。

しかしツッコミたいことがいくつかあります。

 

戦闘力の設定、甘すぎない?

これが1番気になりました。

まずはフリーザからですが、劇中で「4ヶ月ほど修行すれば戦闘力130万は確実でしょう」

と言ってましたが、俺もそうですがファンの多くが、「少ないな」

と思ったはずです。

仮に本当に130万だったなら、当時のフリーザよりも2.5倍ほど強くなったくらいです。

第1形態のフリーザの戦闘力は53万ですからね。

その計算で最終形態になっても訳1億3千万の2.5倍で3億程ですから、

たいして強くなってません。

3億だと人造人間19号、20号と戦った時の悟空と同じくらいです。

まあめちゃくちゃ強いんですけど、今の悟空たちは1000億とか

兆単位とか余裕でいってますからね。推定ですけど。

 

ただフリーザは天才と悟空も言ってましたので、4ヶ月の修行でとんでもなく

強くなったとも解釈できますが、ちょっとひどすぎます。

スーパーサイヤ人の悟飯が第1形態のフリーザに1撃でやられてましたから、

パワーアップしたフリーザの戦闘力は100億なんか超えてることになります。

魔人ブウと戦ってかなり強くなった悟飯ですが、また怠けて力が落ちたとはいえ、

100億以上の戦闘力はキープしてるはずですから。

53万が100億以上って、やり過ぎでしょ。

 

手加減してるけど苦戦し過ぎ

悟飯、ピッコロ、クリリン、天津飯、亀仙人がフリーザ軍と戦います。

でも基本相手を殺さないように手加減して戦います。

フリーザ軍の兵士たちはだいたい戦闘力2000くらいです。

この時だったら亀仙人1人でも余裕で倒せます。

亀仙人のじっちゃんもクリリン達に負けじと、かなり強くなってましたので

おそらく戦闘力は1万以上は確実です。ひょっとしたら10万くらいまでいってるかもですね。

クリリン、天津飯も10万はとっくに超えてる計算です。

ナメック星あたりで1万は超えてましたから、年月を考えると

そのくらいは妥当でしょう。

 

過去の描写では、相手より圧倒的に強い場合、軽く触れたりしても

相手を気絶させたりできてましたし、ものすごい速さで敵の懐に入り込んで

一瞬で何人も気絶とかできてましたから、映画での苦戦の描写は謎でした。

一応、悟飯たちではフリーザに敵わないので悟空とべジータが来るまでの

時間稼ぎが目的でしたが、ちょっと苦戦し過ぎな描写でしたね。

 

え?ピッコロさん?

シサミという新たなフリーザ軍の幹部と対決するピッコロ。

このシサミですが、話によると当時の幹部ドドリアとザーボンに匹敵する

という実力者です。

ならば戦闘力は22000か多くて30000てとこですね。

映画ではなんとピッコロがかなり押されます。

あのピッコロがですよ?

セル編でかなり強くなったピッコロはだいたい戦闘力10億いってます。

魔人ブウ編でも真面目に修行はしてたはずなんで20億は確実にいってます。

20億が20000くらいのやつに押されますか?

いくら手加減して消耗してたと言ってもこれはひどい。

消耗し過ぎです。

またここでもシサミがフリーザと共に修行して超絶パワーアップした

としても2万が20億くらいはまたまたやり過ぎです。

 

インフレ

フリーザの新形態ゴールデンフリーザの戦闘力は

約1,000,000,000,000,000,000,00。

読めますか?(笑)1垓(がい)です。

これも一説ですが、それでも8兆くらいとか言われてますね。

1垓にしても8兆にしてもインフレが過ぎます(笑)

戦闘力という概念が出てきた時は1000くらいだったのにいつのまにか

億とか兆ですからね。

万でも星がやばいくらいのパワーだったのに億とかって…

地球はどうなってやがる?

 

まとめ

ピッコロの苦戦だけは許せません(笑)

強さにはうるさくなりますね。

ドラゴンボールは強さこそ全てですからね。

戦闘力とか強さの描写は曖昧になりがちですが、ここは鉄の掟です。

決して間違ってはいけない領域です。

戦闘力数に関しては公式がスーパーサイヤ人あたりで途絶えてますので、

あとは推測ですが、それでもだいたいの目安があります。

ツッコミどころはけっこうあると思いますので、

ドラゴンボールファンで改めて観る方や

初めての方も設定を自分の中でうまく書き換えて観ましょう。

 

 

コメント