theSOARnet / Pixabay

どうも、ヒロアキです。

今回は歌の練習で主にウォーミングアップなどに用いられるハミングについて説明します。

ハミングってよく聞くと思います。いわゆる「鼻歌」ってやつですね。

「なんだそれだけか」と思うかもしれませんが、意外に重要な練習になったりします。

ぜひマスターして歌の技術向上に役立てていきましょう。

 

ちなみにトップの画像はハミングバード(humming bird)=ハチドリです。

 

ハミングのやり方

いたって単純です。

口を閉じて「ンー」と声を出すだけです。

解りにくいならば「アー」と声を出しながらそのまま口を閉じていけばOK。

すると自然に「ンー」と発生できると思います。

この時に声が鼻の奥の方に当たってる感じがすると思います。

これがハミングで大事な感覚です。

 

注意点

鼻から漏れる息が微量であることが大事。声と共に息がたくさん漏れていればそれは間違ったやり方になってます。

また力んで思いっきり「ンー」とやるのはダメです。

口を閉じることによって歯を食いしばるのもNG。あごに力を入れるのもダメ。

あくまでリラックスして軽く歌うイメージが大切です。

 

ハミングの目的、効果

目的としては声を響かせる練習になります。

鼻腔共鳴といいまして鼻の奥で声を響かせることを確認するためにも行います。

声を響かせることができるようになるとしっかりと声が出るようになります。

また鼻の奥で声が鳴っているのを確認することで、自分の声をしっかり聴く練習にもなります。

自分の声をしっかり聴くということができれば音程の練習にも活かせます。

1番の目的としてはやはり鼻腔共鳴、声を響かせることですね。

 

ウォーミングアップにもいい

声をしっかり出す前にできればウォーミングアップはした方が良いです。

喉も筋肉ですから、アスリートがベストなパフォーマンスを発揮するためにウォーミングアップを行うように喉も温める必要があります。

まず無理のない高さの音からハミングで少しずつ慣らしていきましょう。

また程度によりますが鼻の通りが悪いなという時にも効果はあります。

よっぽど鼻の通りが悪い場合はなかなか効果が表れないですが…

 

腹式呼吸の練習にも使える

しっかりとしたハミングをすると意外にお腹に力が入ります。

発声をする時にお腹にある程度力を入れるのも大事なので、その感覚の確認にも使えます。

ただしここでも力み過ぎはいけません。

 

ハミングで音階練習

では実践的にハミングを使って練習してみましょう。

適当にギターやピアノなどで1つの音を出して、その音に合わせて「ンー」とハミングしてみましょう。

出しやすい高さの音でかまいません。

これを最初は何度も続けてみましょう。

この時にカウントをとりながらやるのもいいです。

やり方としては2小節を1区切りとしてハミングをします。4拍が2回ですね。

なので8拍までカウントしながらやります。

6拍目まで発声して7,8拍は息継ぎに使います。

視覚化すると、1,2,3,4,5,6,7,8、の下線引いてる部分は発声。

ちなみに「, 」は8分音符の裏拍に当たる部分です。7拍目まで発声するように区切って行います。

1つの音で出来るようになったら今度はド、レ、ミ、のように音階をつけてハミングで歌ってみましょう。

慣れていけば、ド、レ、ミ、レ、ド、とかド、レ、ミ、ファ、ソ、ファ、ミ、レ、ド、と音階を上り下りしてやってみましょう。

 

ロングトーンでもハミング

この他にもロングトーンでハミングします。

息が続くだけ声を出し続ける練習です。

これも出来なければいけないものではないですが、

長く声を出し続けれることは息の使い方の安定性が高いと言うことになりますので頑張って長く声を出し続けてみましょう。

目標は30秒くらいを目指してみましょう。

 

ハミングで歌ってみよう

自分の好きな歌をハミングで歌ってみるのもいいです。

退屈かも知れませんが鼻腔共鳴の確認やウォーミングアップがてらにいいと思います。

ただしあまり音域的に高くてきついとかテンポが速くて歌のフレーズも速すぎるとかはこの練習に向いてないと思います。

特にウォーミングアップの場合は音域の楽な曲にしたほうがいいです。

 

まとめ

・鼻腔共鳴(鼻の奥で響かせる)

・鼻からの息漏れは少なく

・しっかり発声するがイメージは軽く発声

・力まない、思いっきり発声しない。リラックスが大事

といった感じで実践してみましょう。

だいたい歌を習いにいっても始めにハミングを教わります。

ハミングばっかりやってればいいってもんでもないですが意外と重要なので、最初はしっかりやっておいた方がいいと思います。

ではまた。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です