12019 / Pixabay

どうも、ヒロアキです。

今回もまた社会に関する疑問を書いていきたいと思います。

つい最近、日本の多くの地域で大雨洪水の被害が出てしまいました。過去にも台風の被害で、地域によっては家が倒壊したり水に浸かったりとか大変な状況になってしまったところもあります。

さて、そんな中、もちろん天候の荒れ具合や状況の違いはありますが、暴風警報が出ようが大雨洪水警報が出ようが雷、大雪警報が出ようが、みんな仕事に行きますよね?

学校は休みになることあると思いますが、会社はそうは行かないですね。稀に休めと言う会社もあるとは思いますが、ほとんどの会社が通常運転です。

程度によるでしょうがだいたい警報が出れば交通機関に影響がでますよね。この前の大雨でも電車が結構止まってました。

おかしいのが、「無理せず来て下さい」なんていう会社。もう休みにしたら?

まず無理をしなくてはならないくらいの状況で来いというのもおかしいな。

これに関しては申し訳ないですが、人命に関わるような、医療の方は行かなくてはならないかもしれません。救助隊の方々はそれが仕事ですから行かなくてはいけないでしょう。

でも一般企業なんかではそんな無理してまで行く必要ないと思います。実際交通機関が止まれば来れない人もいますし、仕事に必要なものが届かなくてその日の仕事ができないなんてこともありますから。

行きは大丈夫でも帰りに天候が悪化して交通機関が止まっても会社はあなたを家まで送り届けてくれないでしょう?自転車や車で来ても帰りに洪水とかに遭ったら帰れないでしょ?

こんなこともあり得るわけですから、警報が出た地区はおとなしく会社なんか休みにすればいいです。

たまに台風の暴風の中、仕事に向かう人をテレビで報道されますがかなり危険です。まともに歩けないような状況でも仕事に向かう。

なんで?

暴風で物が飛んで来たり、転んだりして場合によっては大怪我することより会社の目の方が怖いんですかね?

物凄~く重要でその人にしかできない仕事なら、自分がその立場なら行くかもですけど、大概の仕事はそこまでではないと思います。

でも本当に場合によっては命に関わることもあるので、これはやばいな、無理だなと思ったら休んだほうがいいです。

実家が非難区域で気になって気になって仕方がなくて、仕事をミスしたなんて話も聞きましたんで、そんな人は休みましょう。

とにかく自然災害を甘く見ているようにも思えるので、危ないなと思ったら潔く休めばいいです。仮に日本全国の会社が災害で1日ストップしたとしても会社は倒産まではしないでしょ。

最近のニュースでも呼びかけてますよ。「無理な外出は控えて下さい」って。

真面目すぎるのもどうかと思います。というよりは周りの目が一番気になるんでしょうがね。

他人の目よりも自分の身の安全ですよ。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です